2017年05月06日

「関孫六包丁」

包丁29-2.jpg


釣りが好きだった息子が釣ってきた魚をさばくために使っていた包丁が小振りで使いやすく息子が釣りに行かなくなってからは私が使うようになり重宝していました。刃の長さが145mmの「関孫六包丁」で約7年ほど使っているうちに良く使う刃の部分が減ったきたのを見かねた息子が2ヶ月ほど前に同じ145mmの「関孫六包丁」をプレゼントしてくれました。「よく切れるから手を切らないように」と云われて今日まで使わずにいましたが、刺身用の鮪を切るのに初めて新しい包丁を使ったところ包丁のお蔭で上手にお刺身を作ることが出来ました。息子に感謝しながら新しい「関孫六包丁」を大切に使っていきたいと思います。
posted by かまくら at 20:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。